休日こそリラックス

休日こそリラックスしよう

リラクゼーション効果を得よう

休日はゆっくりと家で過ごして体と精神の疲れを取るという人も多いと思います。しかしそれでは本当のリラクゼーション効果を得ることはできません。少し息が切れるほどの運動をすることで疲れを取ることができます。20分から30分のウォーキングをしたときに疲れたという人よりも気持ちいいという人のほうが多いというデータがあります。これは体温が上がり汗をかいたのと、歩くことで日頃のストレスを解消できたからだと考えられます。このことから休日は家でだらだらしないで運動することでリラクゼーション効果を得ることができます。

休日にはリラクゼーションを

日本人は、働き者だと良く海外の人たちから言われます。中には休日にも仕事を持ち込んだり、勉強をしている人も多くいることでしょう。しかし、自分の身体の健康や心の余裕を作るためにも、リラクゼーションを取り入れることはとても大切なのです。例えば、趣味を楽しんだり、友人と出掛けたり、また森林浴や温泉などに行くのも良いでしょう。特に都会の中で生活をしている人は、五感が本来ある状態からずれてしまっていることが良くあります。そのような場合は、自然と触れあえるリラクゼーションを取り入れて、本来ある状態にチューニングすることが必要になります。

↑PAGE TOP